2009年10月18日

悲しくてやりきれない

元フォーク・クルセダーズ、サディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦が亡くなった。しかも自殺だそうだ。まったくなんて年だろう、今年は。
『イムジン河』が、「韓国と北朝鮮を隔てる河である」という本来の意味だけにとどまらず、ある意味「河」がそこかしこに偏在し、人々が隔絶され孤立させられている今だからこそ、加藤和彦には歌い続けてほしかった。歌が世の中を変える事は有り得ないが、この歌を聴くたびに、それでも孤立を乗り越えてゆきたいという願いにも似た何かが僕の中には宿るのだ(それこそ映画『パッチギ!』のように!)。



この時の加藤和彦は本当に嬉しそうな、幸せそうな顔をしていたのに…。
ご冥福をお祈りします。
posted by キョー at 17:54 | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

East and West

日本が誇る二大ガッカリ知事がまたまた色々と物議を醸しています。
まず石原慎太郎くん。

-------------------------------------------------------
石原知事、五輪招致150億円「痛くもかゆくもない」

 16年夏季五輪招致で敗れた東京都の石原慎太郎知事は9日の定例記者会見で、税金100億円を含む招致活動費150億円について「財政再建の余剰分であり、東京の財政は痛くもかゆくもない」「余剰分で夢を見ようと思って(招致活動を)やったのは間違いじゃない」と述べた。
(asahi.com)
-------------------------------------------------------

まったく何様なんでしょう、この人は。それ都民の税金なんですけどね。
「夢」もいいけど、今ある現実をなんとかしてくれっていう人も多かったと思うんですが。
まぁ都知事就任の時、「なにがムダって言ったら、まず福祉だ」とのたまい、福祉予算を次々に削ってきた人ですから、そんな発想はまったくないんでしょう。まったくガッカリな知事です。

あー、あと今回の五輪招致活動には多くのアスリートが参加していましたね。これもガッカリ。なにやら最近は「日の丸を背負って」「日本を背負って」という勇ましい言葉を好んで使う彼らですが(ちょっと前までは「楽しみたい」と言う人が多かったんですが、隔世の感があります)、彼らはその「日本」を構成している人々の生活の苦しみまでは想像が及ばないようです。

さて次は橋下徹くん。

-------------------------------------------------------
橋下知事、批判メールの女性職員に厳重注意

 大阪府の橋下徹知事は8日、全職員に一斉送信した知事メールに対し、批判する返信をした保健所勤務の40歳代の女性職員と、上司の所長(管理監督責任)を厳重注意処分にすることを明らかにした。

 橋下知事は1日夜に全職員に送信したメールで、府が約380億円の損失を被った紀の川大堰(和歌山市)事業を巡り、「恐ろしいくらい、(職員の)皆さんは冷静です。民間なら、組織あげて真っ青ですよ!」などと、公金に対する意識の低さを指摘した。

 これに対し、この職員は「このメール配信の意味がわかりません」「文も論理的でなく、それなりの職についている人間の文章とも思えません」と知事に返信。「愚痴はご自身のブログ等で行ってください」「(この)メールを読む時間×全職員の時間を無駄にしている」などと記した。

 橋下知事は府庁で報道陣に対し、「上司に対する物言いとして非常識。民間ならあり得ない」と怒りをぶちまけ、「府民の代表に物を言っている自覚が足りない。どこかでけじめをつけなければいけない」と、処分の理由を説明した。
(yomiuri.online)
-------------------------------------------------------

この他にも「オマエ呼ばわりするメールもあるんですよ!考えられます?」などと吠えていましたね。いや、そりゃオマエ呼ばわりはいけません。
でも橋下くんも確か「クソ教育委員会」とか言ってませんでしたっけ?そう考えれば府知事を「オマエ」呼ばわりした府職員は、橋下府政の忠実な体現者とも考えられるわけです。自分が言われたら怒るなんて、器が小さくありませんかね?

そもそもこの知事と職員のメールは、批判や意見も大いに結構、「組織の風通しをよくする」という名目で始まったはずですが、実際にちょっと意見するとこのように大々的にメディアに晒されるわけで、これじゃ意見なんかする人はいなくなるんじゃないですか。
事実メール内容を晒された人は少なくとも「オマエ呼ばわり」はしておらず、「メールを読む時間がムダだ」と言っているだけです(これも「ムダ削り」に邁進している橋下府政の忠実な体現者とも言えなくもありません)。率直に言えば「キレるポイントがわからない」。少なくともメディアに晒さず、内部で処理すべき問題でしょう。

そして「民間なら有り得ない」という橋下くんお得意の「民間なら」論が展開されてる訳ですが、公の場で「クソ」呼ばわりする事こそ民間では有り得ないでしょう。「クソ」呼ばわりが橋下くんの「民間なら」論に照らして「アリ」だとするなら、「オマエ」呼ばわりだって「アリ」じゃないですか?て言うか「クソ」と「オマエ」を比べたら、「オマエ」の方がまだ若干いいかも、というのが僕の感想です。
そしてトップに意見するのが民間では有り得ないと言うのなら、それはその民間企業の方が間違ってるでしょう。なんでもかんでも「民間が正しい」という妄想は程々にしたらどうですかね。

posted by キョー at 12:16 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。