2009年01月13日

Sail On

久しぶりに浦和レッズのことを書いてみる。
昨日からシーズン始動だしね。

去年は結局、浦和のことをほとんど書かないまま終わってしまいました。
まぁ、これほど何もない、何も残らないシーズンというのも珍しい。
「迷走」という言葉がぴったりのシーズンでした。
クラブも選手もサポも含めてね。
間違いなくJリーグで最低のフットボールをしていた。

結果、フロントの顔ぶれが変わり、監督・コーチ陣が変わり、
何人かの選手は出て行ったわけです。

永井、相馬の流出に関しては特に感慨というものはありません。
永井に関してはシーズン中から覚悟は出来ていましたし。
永井がエンゲルスに対し反旗を翻した時、
多くのサポ・ファンが永井の側につきました。
「永井をとるのか、エンゲルスをとるのか」と。
結局、永井はペナルティを課された訳ですが、
あの時点でクラブがエンゲルスをとったのは当然のことだと思う。

確かに永井の言い分はわかります。
でも、クラブがそういうことを認めてしまったら、
クラブとしての秩序は保てません(まぁ、それでなくても去年は無秩序状態でしたが…)。
例えばの話になってしまいますが、
監督がオシムだったとして
それに対しても反旗を翻す選手が出てくる可能性はある訳です。
「いいサッカー」というのは人によって違います。
「なかなか出番を与えられない」と不満を燻らせる選手もゼロだとは言い切れない。
そんな時、その選手の言動がメディアに漏れてしまったら…。
オシムとエンゲルスでは大違いですが、
選手の言い分を「はい、その通りです」といちいち聞いていたら
チームが瓦解してしまうことは容易に想像できるでしょう。
言いたいことはきっとそれぞれにあるのだから。

結局、永井の言動がメディアに漏れてしまったというのがいちばん大きいのでしょう。
だから、余計にこじれてしまった。
クラブ内で対応できていればよかったのですが、
それを防げなかったのはクラブ、監督、永井のミスです。

永井のことが予想以上に長くなってしまいましたが、
それでも長く浦和に在籍し貢献してくれた永井。
去年の前半、浦和を支えていたのは明らかに彼でした。
今は「ありがとう」と言いたいです。

相馬に関してはねぇ。
海外志望なのですが、なにしろ移籍先が決まってないらしい。
クラブとしてはなんとか引き止めようと交渉してきたのですが、
これ以上長引かせるとチーム作りに影響が出るという事で
交渉打ち切りだそうで、英断だと思います。
山瀬のこともあったし。
相馬のことは心配ですが…。
これは代理人のミスじゃないですかねぇ…。

という訳で2009年の陣容も固まり、
新たなスタートです。
他チームからの補強がないという事で、
どうしても99シーズンの悪夢を思い出さずにはいられない訳ですが、
そんな不安はありつつも
去年ほどひどいフットボールを見せられることはないだろうとも思います。
あれ程ひどいのはなかなかないよ…w
まぁ、それと降格するかしないかはまた別問題なんですけどね。

フィンケのお手並み拝見と言ったところでしょうか。
「希望」の見える2009シーズンになればと思います。



ラベル:浦和レッズ
posted by キョー at 12:11 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。