2009年03月10日

Money , Money

西松建設に絡むヤミ献金疑惑が世間を賑わせている。
僕自身、この件に関して何かエントリを書かなきゃいけないよなぁと思いつつ、今日まで放ったらかしにしてきました。
それは自分自身のハッキリとした立ち位置が見えてこないからです。
もっと言えば、自民党も民主党も目くそ鼻くそじゃんって事なんですが。

今回の東京地検の捜査が国策捜査なのかどうか僕は知りません。
でも、例えば都立高校の卒業式に民主党の都議が「ちゃんと君が代を歌っているかどうか」調査に乗り込んだなんていう類いの話を聞くと、民主党側にもかなり強い国家権力志向というものがあると思ってしまうわけです。
それもかなり国家主義的で恣意的な…。

そもそも「あっちだって金もらってるじゃん!」「なんでこっちだけ?不公平じゃん!」「いやいや、こちらはお金返しますから」という両党の言動はあまりにも幼稚なものに感じてしまいます。

ましてや「知らない」「分からない」「記憶にない」という3点セットのオンパレードには呆れ返ってしまうばかり。

真摯な真相究明を両党に求めるのはムリな話なのでしょうか。


posted by キョー at 22:30 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。