2009年04月04日

Fly High

朝早くセルフのガソリンスタンドに立ち寄って
店舗の中で支払いを済ませていると
店内のTVが「北朝鮮のミサイル、テポドンが今日以降発射される可能性がいよいよ高まっており…」云々かんぬんと報じていた。

そんな緊急事態の筈なのに、店員も僕もなんら日常と変わることなく
粛々と業務をこなし、お金を渡している。
圧倒的に現実感がない。
まるで自分が映画の中かSFの世界にいきなり放り込まれたようで
戸惑うばかりだ。

と、書いているうちにニュース速報が入ってきた。
たった今、北朝鮮が「飛翔体」を発射したようだ。
飛翔体って…。
それでもブログを書き続ける俺って…。

それにしても、最初メディアは「ミサイル」「人工衛星」と2つの可能性を並記して報じていた筈だが、いつの間にか「ミサイル」一色になっている(速報の段になっていきなり「飛翔体」になっているが)。
さらにPAC3を配備するのがメディアを通じて大々的に報じられている。
軍事機密の筈だが。

こういう点に違和感を覚えることが、それこそ「メディア・リテラシー」ではないのかい?

で、先程の「飛翔体」発射情報は誤探知だったってさ…。
ニュースキャスターが「ん?」「えぇ…」と絶句している。
とほほ…。

そして、同じニュース内で「ミサイルあるいは破片が日本の領土内に落ちる可能性は極めて低いと政府は言っていますが…」などと言っている。
さんざん危機を煽るだけ煽っておいて、
今更それはないでしょう。

大々的なプロモーションの匂いがどうしてもしてしまうのですが…。




ラベル:北朝鮮
posted by キョー at 12:35 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。