2009年04月19日

この胸のときめきを

09Jリーグ第6節
浦和1−0京都

いやー、おもしれぇ。フットボールってこんなに面白かったんですね。
ここ2年ほど、浦和のゲームを観るのははっきり言って「苦行」でしたから。
浦和の地にフットボールの面白さを取り戻してくれつつあるフォルカー・フィンケとスタッフ、選手のみんなを誇りに思います。

今シーズンは「我慢、我慢」と開幕前は言い聞かせていたわけですが、
我慢どころか、超楽しい毎週末。
順位も土曜日時点で、首位鹿島と得失マイナス1の第2位!
そりゃこんな好結果、誰も想像できねぇでしょ。

書きたいことはたくさんあるんだが、さてどうしよう。

まず、なんと言っても「恐るべき子供」山田直輝の事に触れない訳にはいきません。
彼くらいのテクニックを持った若手プレーヤーというのは、おそらくそれなりにいるでしょう。
でも彼が凄いのはトップから最終ラインまで90分走り続けるその運動量と、
ボールを引き出し、スペースを作るセンスと
チャンスを作り出し、フィニッシュに絡む攻撃性と嗅覚。
2つも3つも先の展開を読んでるような的確なパス展開。
スムーズに次の展開につなぐトラップ。
献身的なディフェンス。
視野の広さ。クイックネス。
あのサイズにも関わらず、体幹も強い。競り負けない。
もうこう書くと「あらゆること」と言ってるに等しいわけですが
そのあらゆることをめちゃくちゃ高いレベルでピッチで体現しているわけです。
もうこれは「山田直輝」という新しいジャンル、新しいポジションと言っても過言ではない!

他クラブにもいわゆる「期待の若手」「天才」と言われる選手はいます。
でもそんな時、僕はこう言い返してやる。
「でもそいつは山田直輝じゃないだろう?」。

個人的には小野伸二を初めて見た時をはるかに上回る衝撃を受けています。

さて、昨日の試合です。
個人的には「組織サッカー」の中で「個」が輝き始めたという印象を受けています。
いや、勘違いかもしれないw
それほどに小さな「芽」であるし
開幕から数試合程度でそこまでのレベルに行くわけないという思いもあるわけですがw

それでもやはり、ポンテからエジミウソンへの浮き球のラストパスがゴールに繋がった場面、
再びポンテからの浮き球のパスから原口元気が胸トラップからのジャンピングボレーの場面、
鈴木啓太が阿部勇樹にはたき、ワンタッチで中央の山田直輝に、そこからまたワンタッチの浮き球で前方の原口元気へつなげた場面、
エジミウソンと山田直輝が浮き球のパス交換で右サイドを突破した場面、
(こうして見ると「浮き球」もひとつの重要なファクターのような気もします。グラウンダーのパスがどうしても多かったですから)
バイタルエリアでのアイデアと閃きによるワンタッチパスの増加(それこそ浮き球のパスも含めて)、
山田直輝の4人に囲まれながらのドリブル突破、
ポンテのアウトにかけてのボレーシュート、
etc、etc。

「組織」を徹底的に追及しているからこそ、芽吹いて来た「個」の力。

同じ「個」と言っても、昨シーズンまでのほぼ「個の力のみで打開する」フットボールとは明らかに違います。
「組織」を基盤にしているからこそ、有機的に「個」の力を発揮できつつあると感じます。

攻撃面ばかりでなく、前線からのプレスも効きまくっている。
ボールをロストしてもすぐに攻撃的な守備でボールを狩る浦和。

最近の神懸かり的な坪井の活躍は間違いなくこれらチーム全体の守備に起因している。
本当に坪井はよくここまで復活したと思う。
いや、むしろ以前より素晴らしいくらいだ。

そしてチーム全体の守備の先頭を切っているのがエジミウソンでしょう。
いったい誰がこれほど献身的なエジミウソンの姿を想像できただろう。
必死にボールを追いかけ、
ボールを奪ったとみるや、前方へサイドへダッシュを繰り返すエジミウソン。
そりゃ、好きにならずにいられないってなもんです。

得点数が少ないことを気にする向きもあるようですが、
僕は割と楽観視しています。
この試合を見れば、その準備はすでに整いつつあると感じます。

とにもかくにも大分、名古屋、京都を内容的に圧倒的に凌駕した
浦和の新しいフットボールに
僕はときめきまくっています。





タグ:浦和レッズ
posted by キョー at 22:13 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117775390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。