2009年07月13日

Voices and Choices

昨日行われた都議選は大方の予想通り民主党が議席を伸ばしました。
都議会の民主党なんて石原べったりだったけどさ。
今回の都議選では政権交代へ向けての前哨戦という位置づけが
大きなウェートを占めた訳だけど、
それでも少なからず対石原都知事という色を出してもいる訳で、
そういう意味でこれから民主党がどういった都政を行っていくか
注目していくつもりです。
とは言え、今までの親石原としての都議会民主党の総括は、恐らくまったくなされていない訳で、
どうにも信用できない訳ですが。

自民党は思ったほど議席を減らさなかったなという印象です。
とは言え、それは「最悪よりはちょっと良かった」という程度で、
自民党にとっては何の救いにもならないでしょう。

最悪だったのは共産党です。
議席を大幅に減らしました。
都議会や、国政の混乱、生活における不安・不満は共産党にとって追い風にはならなかった。
参院選に続いての大敗になった訳です。
このご時世に共産党が伸びないというのは
共産党の戦略に何か決定的な欠点があるのではないか。
僕個人としては共産党に共感する部分は非常に多い。
いいことも言っている。
選挙になれば、共産党に入れる事が多い。
だけど、なにしろクソ真面目すぎる。
共産党のビラを見てもなんも面白くない。
真面目に真面目な事を書いてあるだけだ。
志位氏の演説も聞いた事があるが
真面目に真面目な事を言っているだけだ。
ワクワクしないのだ。
ドキドキしないのだ。
思わず拳を握りしめるような、気持ちの高揚がないのだ。
面白くない、夢のない、ただただひたすら真面目な話など
誰も聞かない。
拷問のようなものだ。

共産党には是非「アピールする」という事を研究してほしい。
せっかくいい事を言っているのに、
それを届ける事ができないのは大きな損失だ。

そして、公明党ですよ。
まさか、まさかの議席増!
いや信仰の力というのは底知れません。
現実を見る目を曇らせるほどに。

それにしても投票率50%ちょっとですか…。
前回よりは増えましたがガッカリです。
僕も今まで全ての選挙に行った訳ではありませんから大きな事は言えませんが、
今この時期に行かないでいつ行くよって話ですよ。
投票権を放棄できるほどに危機感がないのか、
それとも危機感はあるけど投票に行くのが面倒なのか…。
いずれにしろ、不思議なメンタリティーではあります。

今の日本の惨状を招いたのは
なにも自民党の責任ばかりではなく
こういった有権者の投票行動にも責任と原因があると言わざるを得ません。
て、かなり上から目線ですけどね。
posted by キョー at 23:12 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123438094

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。