2009年08月24日

幸せってなんだっけ?

麻生総理が「結婚資金が足りない若者が多く、婚期の遅れから少子化につながっているのではないか」という学生の質問に対し、「金がないなら結婚するな」と発言したり、舛添厚労相が派遣村の件に関し「大字な税金を怠けている連中に払う気はない」と発言したり、トップの連中がこんな体たらくじゃ、自民党の貧困問題や社会福祉に対するスタンスがよく分かるというものです。

まぁ今までだって十分わかってたつもりだけど、投票日が間近に迫って来たこの期に及んで、こんな事を改めて言えちゃうんだもんなぁ。根深いですよ、これは。
で、また未だに貧困問題は自己責任、頑張りゃなんとかなる!と思っている人も結構いたりするんだよね。頑張ってなんとかなるのはごく一部ですよ。たとえみんなが同じように頑張れたとして(頑張れるわけないんだけど)、でも零れ落ちる人は必ずいるわけで、それがあなた方の好きな「自由競争社会」でしょうよ。
で、構造改革や新自由主義経済によってそれが更に加速されたと。僕は前回総選挙で熱狂的に小泉自民党を支持した人たちを許せない思いがどうしてもある。いまだに。そういう意味では自己責任だけどさ。でも、支持なんかしてない俺らまでとばっちりを受けちゃうっつうのが何ともね。それが民主主義ってもんだけど。あぁ!素晴らしき世界!難しい。民主主義って。でも、投げ出しちゃいけない。今の民主主義がベストかは分からないけれど、悩んで粘って手放さないだけの価値があるって僕は思っています。
で、今度は民主党らしいんだけど、前回の小泉に行ったある種の「熱狂」のようなもの、「空気」のようなものが、そのまま民主党にスライドするだけじゃ全く意味がない。対象が変わっただけじゃ何も解決しない。「空気の暴走」は近い将来、また繰り返される。
「思考停止」ではなく面倒臭くても「考えつづける」こと。どんなに「政治になんか興味ない」「分からない」と言っても、近代社会に生きている限り「政治」から逃げることはできない。どこにいても「政治」はあなたを絡めとる。だからこそ、僕らは少しだけ立ち止まって、考えなきゃならない。「幸せってなんだっけ?」と。僕らの幸せを最大限にするために、どんな政治を望むのかを。自殺者3万人超の国が幸せな訳がないのだから。

さて、断末魔の自民党でありますが、HPを見ればこれでもかというくらいのネガキャンを展開しています。保守右派の人たちの好きな言葉を借りれば「品がない」w
美しい国、日本の政権を担っている政党のやることか?金輪際「美しい、奥ゆかしい、凛とした日本」について語るのはやめなさいw
posted by キョー at 16:41 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。