2009年09月02日

未来は僕らの手の中

総選挙が終わりました。
結果は大方の予想通り民主党の圧勝。
自民・公明両党は(「やっとかよ」と思わなくもないけど)歴史的な惨敗を喫し、政権交代がいよいよ実現しました。

時代は動きました。
民主党は労働者派遣法、後期高齢者医療制度、年金制度、郵政民営化などの見直し、母子加算の復活などをマニフェストで謳っています。
これはぜひ早急にやっていただきたい。
しかし、不安もあるわけです。
民主党議員の中にはこれらマニフェストに謳っているはずの政策に公然と反対の意志を表明している人もいる訳で。
労働問題、福祉だけでなく憲法・安全保障分野に関しても同様です。
あまりにも党員の間で考え方に開きがある。
これに社民党が入ってくる訳だから
はっきり言ってカオスです。

社民党は大丈夫なのでしょうか。
同党は僕自身の考え方に非常に近い政策を打ち出しているので
大いに期待したい部分もあるのですが、
やはり現実に民主党政権に参加するとなると
どうにも無理があるんじゃないかと思わざるを得ません。
獲得議席が7という中で発言力がどれだけあるのか、
党是と連立政権参加という現実の狭間で
社民党が何をどう選択していくのか。

だいたい何故民主党なのか。
何故社民党と共産党はくっつけないのか。
政策傾向から言えば社共合同の方が遥かに自然に思われるのですが。
両党の意地の張り合いだか何だかは
日本のリベラル運動にとって大変な損失だと思う。
志位と瑞穂はいい加減チュウしちゃえよチュウ、と願っているんですがね。

さて、日本の政治はどれだけ変わるか。
気になるのは、この間、民主党が脱・官僚、脱・霞ヶ関を謳って、
いわゆる霞ヶ関的なるものに対しさかんに攻撃を行っていることです。
また「ムダを削る」とも言っています。
これはかのコイズミ・ムーヴメントの悪夢と軌を一にするもので、
なんとなく、官僚は良くないよなとか、ムダ使いはそりゃダメだよなとか、そういった「気分」には非常に訴えるものではあるけれど、
官僚制度の何がどうダメなのか、
「ムダ」って例えばなに?とか、
色々と疑問点はあるわけです。
全国各地に目を移せば、福祉とか公的保障分野を「ムダだムダだ!」とガンガン削る橋下的な政治家が隆盛を誇ってるわけで、
ここを一歩違えると悪夢はこれからも続いてく事になりかねず、
今後も引き続き注視して見ていく必要があると思います。

悪夢を終わらせること。
悪夢を終わらせる権利は僕らの手の中にあると実感できること。
それこそが今回の政権交代の意義であるべきだと思っています。










posted by キョー at 21:07 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127077290

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。