2009年10月18日

悲しくてやりきれない

元フォーク・クルセダーズ、サディスティック・ミカ・バンドの加藤和彦が亡くなった。しかも自殺だそうだ。まったくなんて年だろう、今年は。
『イムジン河』が、「韓国と北朝鮮を隔てる河である」という本来の意味だけにとどまらず、ある意味「河」がそこかしこに偏在し、人々が隔絶され孤立させられている今だからこそ、加藤和彦には歌い続けてほしかった。歌が世の中を変える事は有り得ないが、この歌を聴くたびに、それでも孤立を乗り越えてゆきたいという願いにも似た何かが僕の中には宿るのだ(それこそ映画『パッチギ!』のように!)。



この時の加藤和彦は本当に嬉しそうな、幸せそうな顔をしていたのに…。
ご冥福をお祈りします。
posted by キョー at 17:54 | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

追悼!加藤和彦 「悲しくてやりきれない」
Excerpt: 加藤和彦さんと言えば、トミヤン世代は まず!おらは〜死んじまっただ〜の「帰って来たヨッパライ」(フォーク・クルセイダース) に始まり、時代を先取りした新感覚なロック・バンド サディスティック・ミ..
Weblog: ブリティッシュ・ロック ブログ ブリティッシュ愛
Tracked: 2009-10-19 08:42

破裂寸前だわwwwww
Excerpt: 熟女の攻め方ってねちっこい!全身リップでチ−ンポだけ放置されてギンギンの真っ赤に!!「おちんちんもさわってください!!(;><)」って泣き声でお願いしたらやっとお口でイかせてもらえたよぉwww
Weblog: ヘタレ将軍
Tracked: 2009-12-08 13:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。