2010年02月18日

Atitude

冬期オリンピックを賑わしている、スノーボード「国母問題」。
その国母は今日のハーフパイプ決勝で8位入賞という結果を残した。
僕は「くだらん。実にくだらん」と今回の「騒動」とやらを傍観していた訳だが、
国母の競技が終わった事で、この騒動のくだらなさ、それが発する「腐臭」のようなものがよりはっきりと浮き上がってきたように思う。

というのも、昨日今日で突然「実は国母ってこんなにいい人」という美談ぽい報道をあちこちで見かけるようになったからだ。
「いやー、こんなに友だち思いでね…」くらいならまだしも、
難病に罹ったプロスノーボーダーまで引っ張りだし、
いかに国母が彼の力になったのかを「あんな格好で、あんな態度で世間様を騒がしてるけど、でも実はこんないい子なんですよ…」的に報じている様にはゲップがでるってものだ。
一応断っておくが、僕は難病に罹った彼やスノーボーダーや国母を批判しているのではない。
服装とか態度とかで国母を批判していたメディアや人々が
それとは外れたところ、「実はこんなにいい面があるんだよね…」的な文脈で彼を「こちら側」に引きずり込んだつもりになり、
その上で咀嚼し消化しようとする様に吐き気がするのだ。

そこじゃないよね!?あんたらがギャーギャー騒いでいたのは!

おまけに「今回の騒動によって、彼はスノーボードに対する注目度を上げることに貢献したと言えるのではないでしょうか」とか、
「スノーボーダーに対する偏見を持っていたが、これからはそんな偏見を持たないで見ようという気になりました」などと宣うキャスターまでいる始末!
よく恥ずかしげもなくこういう事を言えるよ。
「ゲス野郎」とはこういう手合いを言うのだ。
彼らこそ「慎み深さ」とやらを覚えた方がいい。

国母に対して「日本の代表として」とか「いい大人なのに」などと言っていた側も所詮こんなものだ。
自称「モラリスト」、自称「大人」なんてこんなもん。

国母は国母の道を行けばいい。
ラベル:オリンピック
posted by キョー at 20:03 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。