2010年04月21日

狂気

犬飼会長に岡田監督「半端じゃない戦い」

対談 岡田監督×香山リカ 無心の感覚求めて

いやもう終わってるとしか言えない…。
岡田と比較すればジーコですらマトモに見えてくる。
ジーコは監督としての資質に関しては疑問符だらけだったが、
少なくとも「フットボール」をやろうとはしていた。
岡田は「フットボール」をやるとかどうこうよりも、
いわゆる「トンデモ」の世界に耽溺しきっている事がハッキリしてしまった。
あまりの事に唖然としてしまう。
「世界を驚かせる」とはこういう事だったのか。
そりゃ、戦術とかより「催眠状態がどうこう」などと言っている代表監督がいれば、世界は驚くよ。
本大会2ヶ月前に何を言っているのかと。
メンタルトレーニングなどというレベルではもはやない。

さらに先日のセルビア戦での惨敗の責任を選手に押し付けるという醜態を晒すに至っては…。
私は選手に責任がないとは思っていない。だが、監督がそれを言っちゃいかんだろう。さらにさらに、それを聞いた協会トップがマスコミにベラベラ喋るなんてまったく信じられない。

もう僕には岡田は狂ってるとしか思えない。
何が悲しくて狂気に駆動された日本代表を見せつけられなければならないのか。
考えれば考えるほど理不尽だ。

ラベル:日本代表
posted by キョー at 22:58 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。