2010年05月25日

許されざる者

キリンチャレンジカップ 日本代表0−2韓国代表

仕事のため試合は最後の5分くらいしか観る事が出来なかったので、
内容に関してはなんとも言えない。

しかし、このワールドカップ前、国内最後の強化試合のハイライトは
試合後の岡田監督の記者会見にあったというのは、
多くの人の一致するところでしょう。

会見で岡田監督は、聞かれてもいないのに突然「当然監督の責任問題も言われると思います。ただ、犬飼会長にも一応尋ねましたが『やれ』ということだったので、前に進むしかないと思っています」とペラペラと喋り出したのです。

そして、試合翌日の今日、今度は「あれは冗談だった」と言い放つ。

本当にこの人はどうしてしまったのだろう。
前回のエントリで『狂気』というタイトルをつけたけれども、
いよいよこの人は何かの「病い」を煩ってると確信せざるをえません。

そもそも、これが本当に冗談だったとして、
そんな冗談を言うなんて許されないし、
会見の映像を見る限り、
冗談を言っているような印象はまったくなかった。
岡田監督の虚ろな瞳は、何かが折れてしまった人のそれだった。

これが冗談ではなく、本当だったとして、
メンバー発表もすみ、本番3週間前に迫った時点で許される行動ではないし、
代表監督としての責任を一瞬でも投げ出したという事は、日本代表という「チーム」に自ら決定的な亀裂を生じさせる行為であり、やはり許されることではない。

どう転んでも許されないことを岡田監督はやってしまったのだ。

代表監督自身が完全に血迷って、己を見失い、迷走している。
4年に一度、本番3週間前の日本代表の、これが現実なのだ。
それでも期待を完全には捨てきれない僕の、フットボールファンのやり切れなさなど、
この人は露程も眼中にないのだろう。

人を馬鹿にしきった今回の行動が全てを表している。
ラベル:日本代表
posted by キョー at 21:04 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。