2010年06月16日

Blue Heaven

2010 FIFA WORLD CUP SOUTH AFRICA
日本代表1−0カメルーン代表

さっそく世間が手のひらを返しまくってる訳ですが、
僕も謝っておきます。

岡ちゃん、ごめん!

今までの様々な経緯を考えれば、
選手も監督もまったく壊れてなかったというのは正直、大きな驚きでした。

それにしても素晴らしい勝利でした。
他の国の報道では「今大会最も退屈な試合」などとも報道されたようですが、
そんなこと言われても痛くもかゆくもありません。
日本は最高にエキサイティングでスペクタクルな試合をする必要はまったくないのです。
退屈でもなんでも勝てればいい。
守って守って数少ないチャンスを不格好でも泥臭くてもなんとかモノにする事が勝利への一番の近道…。日本代表はそういうポジションにいるチームです。
イングランド戦あたりから急に顕著になったことですが、
パスサッカーで相手を翻弄するという理想を捨て、ギリギリのタイミングで上記のようなリアリズムに立ち返ったのは正解だったと思うし、
そう考えれば、ここ最近のあまりに不甲斐ない戦いぶりも無駄ではなかったと言えるでしょう。
まさか全て岡田の計算通りという訳ではないでしょうが…。

そして、海外開催のワールドカップでの初勝利ですよ。
この偉業をどん底の、まったく期待もされていなかったメンバーとスタッフがやってのけた。
ゴールを決めた本田だけではない。ベンチを含めた全員がそれぞれにやるべき事を100%やり抜いたからこその結果。
頭を下げる意外に何ができるというのでしょう。
そのまとまりの象徴が本田のゴール後に見られたベンチ前での選手たちの歓喜の輪だったんじゃないでしょうか。

岡田のベンチワークも素晴らしかった。
選手交代も的確で、「ピッチ上の選手たちにメッセージを送る」という意味では
これ以上ないくらいに分かりやすい交代でした。

思えば4年前のオーストラリア戦、終盤まで1点リードしていたにも関わらず、
ジーコの曖昧なベンチワークで「あと1点狙うのか、守り抜くのか」の意思統一が図られないまま
屈辱の3失点逆転負けを喫したことは記憶に新しい。
その決して忘れることのできない苦い記憶を
同じような形から、今回は結果を出す事によって超越してみせた日本代表。
本当に素晴らしかった!
タグ:日本代表
posted by キョー at 22:06 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153478587

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。