2010年06月30日

The Boys Are Back in Town

2010 FIFA WORLD CUP SOUTH AFRICA
日本代表0−0パラグアイ代表(PK3-5)

日本代表のワールドカップが終わりました。
ヘタクソながらも、不器用ながらも走り続け、仲間と助け合い、互いに鼓舞し合い、戦い続けた僕らの代表はワールドカップという舞台から去ります。

本当に残念です。
世界最高峰のフィエスタにこれ以上参加する事は許されないのだと思うと、虚脱感でいっぱいになります。
もっとこの歓喜を味わっていたかった。
冒険のスリルに身を震わせていたかった。

でも僕は、僕らの代表を誇りに思います。
「これが僕たちが今できる最高のフットボールなんだ!」
と胸を張って世界中に見せつけた選手たちとスタッフ。
そんな彼らの姿に、今大会何度心を震わせたことか。

試合後、涙を流し、肩を抱き合う彼らを見て、
「あぁ、このチームは本当にいいチームだったんだな…」と確信しました。
こいつらにもっと試合をさせてあげたかった…。

僕にとっても、これほどまでに代表に心を奪われたのは98年以来でした。
大久保も、遠藤も、中沢も、浦和で色々ゴタゴタのあった闘莉王ですら、「俺たちの代表」として見る事ができたのは、
それだけ彼らが素晴らしい闘いを見せてくれたからでしょう。

今回の代表はこれから先、長く愛され続け、語り継がれる代表になるに違いありません。
そして今後、「あの時の代表はこうだった」とか「2010年はここまでできた」というように、この代表が未来の日本代表のスタンダードになる可能性も大きいのではないでしょうか。

選手やスタッフは悔しさでいっぱいでしょう。
もっとできたはずという想いはとめどもないはずです。
でも、胸を張って帰ってこい。
君たちの事を、みんなが待っている。

最後に、駒野。
泣くのは今日だけにしとけ。
いつまでもメソメソしてやがったら、
俺たちのアタッカーがおまえのサイドからえぐってやるから覚悟しとけよ!
ワールドカップという舞台で、
PKキッカーを務められるほど勇敢な君と、
Jリーグで再会できるのを楽しみにしています。




ラベル:日本代表
posted by キョー at 20:56 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。