2011年01月30日

奪還!日本代表

アジアカップ2011 決勝
日本代表1−0オーストラリア代表

アジアの頂点の証であるカップを奪還した日本代表。
ワールドカップで得た自信は揺るぎないものとして
今の代表にも受け継がれていると感じます。

「俺たちはできるんだ」
「一流のチームではないかもしれないけど、俺たちだから出来る戦い方があるんだ」
という自信がテレビモニターを通じても伝わってきて嬉しくなりました。

ワールドカップの時にも感じたことですが
日本は南アフリカ以降、階段を一歩登ったという印象が更に確固たるものになりました。

もちろんこの大会はアジアレベル。
これで満足してはいけない。
しかし、アジアレベルではあるけれども、
ワールドカップ時の90分間通してカッコ悪くても走りまくるという
日本のアジリティーを活かした戦い方にプラスアルファして
そっからじゃあどうやってパスを繋いでシュートまで持って行くか、
という模索と実践が見られたのは大きな喜びでした。

少なくともこの大会では、
今まで長い間日本代表につきまとっていた(それこそアジアレベルですら)、
「決定力不足」という言葉は僕は気にならなかったし、
報道やネット界隈でもあまり語られなかったのではないでしょうか。

それだけほとんどの試合で日本は得点の匂いを常に発散させていたし、
今まであまり見られなかったパターンでも得点を決めることができました(岡崎のターン!)。

更に言えば、今回は本来であれば絶対に欠かすことの出来ない主力の選手を何人か欠いていた状況でした。
ザッケローニが監督に就任したのもついこのあいだ。
そんな苦しい状況の中でも日本の戦い方を曲げることなく追求した日本代表。

思えば今回の大会の地、ドーハは
日本にとっては「悲劇の土地」として長らく語られていた土地でした。
そして18年後、同じ土地で日本代表はその歴史を自ら塗り替えました。
この勝利は日本サッカーの歩みの勝利であり、
それを支え続けてきた全ての人の勝利です。
普段Jリーグを観る者として、これ以上誇らしいことはありません。

普段敵として相対する時は、ほんとに憎たらしいほどなんだけど、
代表になると共に肩を組み戦っている気持ちになります。
ほんの少し前までは憎たらしさばかりが先に立って
「あんなヤツら応援できるか」って感じだったのに、
自分でも不思議な変化。

それだけ今の代表の姿は僕の胸を打つのです。

さぁ、もうすぐJリーグが開幕します。
今年も思う存分しのぎを削り合いましょう。
歓喜と落胆が交差するフットボールライフを共に楽しみましょう。
ラベル:日本代表
posted by キョー at 12:59 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。