2011年02月01日

衝撃のカルチョメルカート!

いや、ビックリしましたよ!
目が覚めたら長友があのインテルの一員になってたんですから!
インテルですよ??
考えられないんですけどwww

今までだって例えば中田英寿がローマにいたことはありますが、
インテルですからね。
ステータス的にはローマより更に一段上のクラブですよ!
(最近の言い方でいうと「メガクラブ」ですね)

日本人SBがインテルの一員とはなんとも凄い時代になったものです。
昨年のワールドカップをひとつの契機として
日本サッカー界は明らかに新たな局面に入ったという印象が
ますます強くなりました。

そのひとつが海外移籍などの選手の動きで、
香川のドルトムントでの活躍は言うに及ばず、
代表のスタメンクラスの選手のほとんどが海外クラブに籍を置くようになり、
そうした流れのトドメとしての今回の長友のインテルへの移籍劇。
ほんと凄い時代になったものです…。

カズの挑戦。
中田英寿のペルージャでの輝かしい成功。
黄金世代の夢と挫折…。

日本サッカー史に刻まれるであろう歴史的な日に、
僕の胸に去来するのは彼らの姿です。
そうした積み重ねの上に今日があるのです。

決してエリートとは言えない長友が
ここまでたどり着けるんだという現実。
この現実がどれほど多くの日本人サッカープレーヤーに
勇気を与えるだろう。

ほんとうにスゴいことだ!
posted by キョー at 22:05 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。