2011年02月21日

プレシーズンの幸せな夢は早くも醒めた…。大宮vs浦和

SAITAMA CITY CUP 2011
大宮3−0浦和

プレシーズンだから結果が大事というわけではないけれど…。
モヤモヤ感は増すばかりです。

以下、僕が感じたモヤモヤポイント。
•サイドの1対1にこだわり過ぎ。コンビネーションで崩しちゃいけない理由は何?
犬飼ではないけれどまるで10年くらい前までの浦和の姿そのもの。
愚直なまでに1対1を仕掛け続けるから相手は対処しやすい。

•エジミウソンのワントップ。何も出来ていなかった。
ボールを納めるわけでもない、裏に抜け出すわけでもない、シュートも打てない。
これでは辛い。

•中盤に広大なスペースが出現。
どこからプレッシャーをかけ始めるかというポイントが決まっていない?
面白いくらい簡単に相手プレーヤーが前を向いてプレーしていた。

•マゾーラ凄すぎ。これは期待できる。
が、早くも「マゾーラなんとかして」の兆候が。
クラッキありきの戦術で優勝できるほど今のJは甘くない。

•相変わらずゴール前で簡単にフリーになれる相手プレーヤー。

•クロスの精度。

•「フィンケサッカーの継承」はどうなってしまったの?

•そしてそんなチームを指揮してるのは僕の大好きなペトロ…。


「覚悟」という言葉が頭をよぎった試合でした…。


反対に良かった点。
•パススピードは確かに上がったというか、「強いパスを」という意識はあった気がする。

•逆サイドへの意識。

•シュートへ持ち込むまでのスピード。

•原一樹のガムシャラさ加減。

•ディフェンスラインからのフィード。


こんな所でしょうか。


それにしても大宮は地味だけど的確な補強で確実にチーム力がアップしてるなぁ。
これじゃ近い将来順位的にも逆転されるんじゃないか…。
なお今日のトレーニングマッチ大宮戦は3−1で勝ったらしいが、その中で高崎が2得点したようだ。
今の状態ならエジではなく高崎が見たいです。



ラベル:浦和レッズ
posted by キョー at 17:46 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。