2011年03月30日

KingにはKingの任務がある!KING KAZU!

東日本大震災復興支援チャリティーマッチ
日本代表2−1Jリーグ選抜

これが僕たちの日常だったんだ!という光景が
テレビモニターの向こうにはありました。

震災が起きてから僕らの日常は寸断されました。
命を落とされた方、家族や友人を失った方もたくさんいます。
折れそうになる心をなんとか奮い立たせながら
それでも「朝はやってくるのだろうか」と不安になる夜もありました。

昨晩、僕たちの代表が、僕たちの仲間がFIFA ANTHEMにのってピッチに姿を現した時、
サイドラインを踏み越えてピッチに入ってゆく姿を見て、
僕らもまた「寸断」というボーダーラインを越えて、日常を取り戻してゆくんだという勇気が心のうちに湧いてくるのを感じました。

みんな、ありがとう。

そして、KAZU。
フットボールを見続けてきた人であれば、
「もっている」という言葉はKAZUにこそ相応しいことはよくわかっていると思う。
KAZUがこのチャリティマッチでゴールを決める。
それは最高のシナリオだし、KAZUだからこそそういう夢想もできる。

だけど、44歳だぜ。
相手は日本代表だぜ。

正直そう思っていました。

けれどKINGはやっぱりKINGだった!
KINGがKINGである所以をこれ以上ない形で見せてくれたKAZU。
カズダンスをキメたあとで見せた、何かをこらえるような表情、
何かを届けるんだという気持ちのこもった表情を見て
涙が溢れました。

ありがとう、ありがとうカズ。
あなたがいてくれて本当によかった。
あなたのメッセージ、確かに受け取ったよ!




posted by キョー at 07:19 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。