2011年04月19日

ミニスカ美少女は革命の夢を見るか?エンジェル・ウォーズ!

エンジェル・ウォーズ観ました!(ユナイテッドシネマ入間)

精神病院に放り込まれたセーラー服姿だったりボンテージ姿だったりの美少女たちが、
日本刀やピストル、マシンガン、パワードスーツ、そして妄想力を武器にして、巨大なサムライやナチのゾンビ兵士、ドラゴンとかと戦いながら自由を勝ち取ろうとする物語。

いや、こう書くと頭悪い感じが改めてプンプンして非常にイイ感じですが、実際頭悪いです!中学生男子が書いた「オレなりのインセプション」というフレーズが鑑賞中に頭をよぎったりして、イイヨイイヨーと思いながら観ることができました。

ストーリー見ただけで一目瞭然ですが、話自体は確かに荒唐無稽だし、バカバカしいのも分かります。妄想世界に入った途端に置いてけぼりになる感じも分かる。
これが例えば映画史に残る傑作かと問われればそうではないでしょう。

それでも僕は言わざるを得ない。「この映画が好きだ」と!
なぜか?

それはガトリングガンを持っているでっかいサムライがかっこよかったからです!
塹壕の上にいっぱい浮かんでいる飛行船とその間を縫うように飛ぶプロペラ機がかっこよかったからです!
ロリポップをほおばりながらたたかうおんなのこもかわいかったです!
おしろのうえをとぶひこうきもかっこよかったです!


色々理屈をつけようかとも思ったが、結局はそういうことなのだ!

そして幼き日々から妄想を駆使しながら現実から逃避しつづけ、同時にいまだ現役中二病患者であり終わらない思春期まっただ中の僕としては、
その妄想を駆使しながら現実を変えようとするベイビードールにシンパシーを感じると同時に勇気をもらったのでした。

まぁでも、その妄想を駆使して云々というのも最後には「んんー…」てなるんですけどね。
ベイビードールは確かに「自由」を手にしたかもしれないけど、そして仲間も自由にしたかもしれないけど、「んんー…」ていう余韻。
でもこの余韻もまた僕には心地よいというか、ストーリー的には決して心地よくはないんだけど、映画的に心地よいものでした。

という訳なので、未だに妄想力には自信がある!という大人のみなさんは是非観に行かれるのがいいと思います!
posted by キョー at 20:51 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。