2011年05月05日

どういうつもりだ!ブルーバレンタイン!!

ブルーバレンタイン観ました!(新宿バルト9)

いやーー、痛かった…。
ある夫婦の出会いの瞬間と別れの瞬間を交互に映してゆく作品。

あのーー、僕は30代未婚男なので観る前はあまり入り込めないんじゃないか…
なんて思ってたのです。
町山智浩氏が大プッシュしてるので気にはなるのですが、
「あんま関係ねーかなー」という感じで正直観るつもりもありませんでした。
で、ウィークエンドシャッフル、シネマハスラーでの宇多丸評を聴いてようやく重い腰をあげたというのが実情。

でねー、本当にそれぞれが置かれている立場によって感想はそれこそ十人十色だと思うんです。
で、僕の率直な感想は「ほれ見ろ!やっぱ結婚なんてするもんじゃねぇ」でした。
いくら互いの気持ちが燃え上がって何をしていても幸せな時があっても
それはいつか絶対に消えるし、
この映画のように離婚までは行かなかったとしても、
相手のとる行動がいちいち気に障ってムカついて、
また、一方はそんな相手の気持ちをなんとかつなぎ止めようとするけど、
思うようにならず…なんて例はいくらでもあるじゃないですか。
あるんですよね?

あるんでしょ?

色々聞いてますよ!?

もうこちらとしては「ほーれみろー」ですよ!

でね、宇多丸氏は花火に2人の過去が浮かび上がるという場面を指し
「それでも誰かを愛することは素晴らしいことだと表現している」
というような事をおっしゃっていましたが、
僕から見たら
「どんなに美しいものも、いつかは消える。儚いものなんだ」
と表現しているとしか思えませんでしたよ!

でですね、バルト9からの帰り道、
ウィークエンドシャッフルの放課後ポッドキャストを聴きながら帰ったのですが、
そこで実は主人公のディーン(旦那)ってオレそっくりなんじゃないか…と思い至り
そっからは地獄ですよ!

ディーンは音楽の才能なんかはあるんだけど、
その道には進まず
楽な仕事をし、言い訳を並べながら
「まぁあくせくしないで、のんびり楽しく生きるのがいちばんでしょ」
という感じで生きている男。
まぁ音楽の才能とは言ってもウクレレ弾きながら歌えるってくらいなもんなんですがね。

で、僕の場合も20代前半は就職もせずフリーターやりながらバンド活動にあけくれ、
後半になってもやはりフリーターで
でもバンドはもうやってなくて「いやーー、今音楽の方向性を模索中なんだよねーー」なんつって、でも実は模索なんて全然してなくて
このままダラダラと生きていたくて…。

これってディーンとどれだけ違うんだよおぉぉ!

で、そんなディーンを放課後ポッドキャストのヤローども
「幼稚な男」だとか「努力してるならまだしも…」だとかのたまってる訳ですよ!
さらにリスナーの30代のスケ
「若い頃は夢を追っているクリエイタータイプの男が好きだったけど、
やっぱり結婚するなら社会に順応していて生活費もきちんと稼ぐ男がいいと今は思う」
とかいう愚にもつかないメールを寄越しやがったりね。

わかってるよ!もうっ!!

今は僕もなんとか無事に就職しまして、
少ないながらも毎月安定した稼ぎを得ているわけですが、

よかったぁぁ!あの頃結婚しなくて!!

あぶねーあぶねー。

「こんなオレを受け入れてくれる可愛こちゃんがきっとどこかにいるはず」
なんて夢を見ていたり、
あぶねー。ディーンみたいになるところだったよーー。

といった具合に、冗談を絡めてナニカを直視することを避けてるのがバレバレですが、
いや、ホントにいてぇよ?
冗談絡めないと胸がズキンズキンしまくりですよ。

そんなナニカを直視する勇気がある方は是非観に行かれるのがいいと思います!
ほんと鬼畜の所業だわ、この映画…。
posted by キョー at 22:22 | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199404619

この記事へのトラックバック

映画「ブルーバレンタイン 」幸せの意味は変化するもの
Excerpt: 「ブルーバレンタイン 」★★★☆ ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ出演 デレク・シアンフランシス監督、 112分、2011年4月23日公開 2010,アメリカ,クロックワークス (原作:..
Weblog: soramove
Tracked: 2011-05-09 10:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。