2005年10月29日

Judgement

あんまり言いたくはないんだが、
今日の浦和−川崎戦では
やはり審判に触れない訳にはいかないだろう。

今日は結果的に川崎のほうに不利で決定的なジャッジが多かったのだが、
今シーズン、ジャッジに苦しめられた浦和にとっても
他人ごとではない。
しかも今日は優勝争いに残れるかという大事な試合だった。

前半立ち上がりは
「いい試合になりそうだ」
という確信にも近い印象を持ったのだが、
それは審判の不可解なジャッジを前に
いともあっけなく壊されてしまった。

激しくなりだすプレー。
審判はピッチを走り回りながら
油を注いでまわる。

途中から私は
「選手が壊されてしまう」
という恐怖で
半ば我を失っていた。

大きな怪我人が出なかったのは奇跡に近い。

後半になっても
試合は荒れ模様。

相変わらず不可解なジャッジに
安定しないジャッジ基準。

熱くなる選手に
審判は次から次へカードを出して回る。

まさに自作自演の審判劇場。

もうこっちは怒りを通り越して
笑うしかない状態に。

今シーズンだけで審判に壊された試合はどれくらいになるのだろう。
ジャッジがどうであれ、冷静にプレーすべきだとよく言われる。

確かにその通りだ。

今日の浦和は、よく我慢したと思う。
いつもはジャッジに対する不平不満を審判にぶつける選手たちが
今日は(マリッチなどの例もあったが)切り換えを意識しているのがよくわかった。

それも間違いなく勝因のひとつだ。

しかし、私は選手に求めるように審判にも求める。
そしてJリーグにも求める。

私たちの試合を壊さないでほしい。
私たちの週末のささやかな楽しみを壊さないでほしい。

私は求める。
一緒にBeautiful Gameを作りあげませんか?
少なくとも、そういう気持になってみませんか?






posted by キョー at 23:58 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GO WEST

浦和3ー2川崎

相手は6連勝中の川崎。
簡単な試合にならない事はわかっていたが、
本当にキツい試合だった。

2点差を追いつかれる苦しい展開。
それでも後半、闘莉王のヘディングシュートで突き放した。

褒められた試合内容ではまったくない。
しかし、今はなによりも勝利が欲しい。
怪我人が多い中で
選手たちはギリギリのところで踏ん張って
その勝利をかちとった。

選手たちの気持が
スタンドにもハッキリと伝わってくるようで、
心が震えた。

選手たちは
もう脇目もふらず、
たったひとつのものをひたすらに追い続けている。
「目の前の勝利」
だ。

とてもクリアだ。

それが、ここ最近の粘り強さ、
今日の判定に対する冷静さにも繋がっているのだろう。

俺なんか
途中からカッカカッカきちゃって
選手たちに「冷静に」
なんて言える資格は全然ないなって
改めて思いました。

さぁ皆さん、SHOWはまだまだ続いていますよ。
次はいよいよG大阪との直接対決。
リーグ戦もいよいよ佳境に入りました。

ただ浦和の勝利のためだけに、
さあ、みんなで
西へ、西へ…………。







posted by キョー at 21:09 | TrackBack(1) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

Living on the Edge

大宮1-3浦和

決して完勝とは言えない試合内容。
それでも浦和は粘り強く勝利をおさめた。

今節もやはり永井。
そしてアレックス。

非常にインパクトの強いデビューだった永井。
誰もが浦和の新しいエースに期待を寄せた。
しかし、その後、思うような成長曲線を描けないまま
月日だけが過ぎてゆく。

代表に選ばれても、福田から9番を受け継いでも、
絶対的なストライカーとしての境地に達することが出来ず、
ボールを奪われては天を仰ぐ姿が
我々の目に焼き付けられる。

年齢的な事を考えても
いよいよ永井も正念場だと思われた今シーズン。
しかし、永井は以前もたまに使われていた
右サイドで、
彼自身もいまだ見たことのないと思われる境地へ達しようとしている。

そして、私たちも彼に導かれるように
新たなステージへと階段を上ろうとしている。

足をつって笑顔の永井。
確かに苦笑いだったが
いい顔だったよ。

なにより嬉しかったのがギドの判断。
前節大活躍した永井だったが、
達也の怪我もあり、結局FWに戻すんだろうな…
と思っていたら、きっちりサイドでの起用。
そして試合後の
「永井はサイドが一番いいと思う」
というコメント。

やっぱりあれだけのプレーを見せつけられればね。
これからも頼む。
俺たちの9番。

そしてアレックス。
ここ最近、スタメンから外れたり、
フル出場もなかなか叶わず、
試合後は「サイドにボールが回ってこない」
とこぼしていたアレックス。

悩んでいることが傍目からもわかる程。

しかし、この試合では
先制点となるビューティフルなFKに始まり、
サイドからシンプルに質の高いクロスを連発し、
清水時代を思わせる、相手をスコーンと抜いていくプレー、
そして、追加点となるCKを闘莉王にピタッと合わせるなど
大活躍。

いいきっかけになるといいね。

昨日の試合のようにサイドを活かす攻撃がコンスタントに出来るようになれば、
先程も書いたように
浦和は新たなステージへと階段を上るだろう。

そして、そこで欠かせないのがマリッチの存在である。
前節から見られたが
マリッチに一旦預け、
そこからはたいてサイドに展開できれば
大きなチャンスになる。
その萌芽はすでに見られる。
マリッチにボールを出せば
きっちり返してくれるという確信を
他の選手達は抱きつつあるのではないか。

攻撃の中で
マリッチがいい形で絡むことが多くなったと思う。

そして私たちもマリッチにボールが出ればチャンスだと
思い始めてはいないか?
ポストプレーだけではなく、
シュートを打てばかなりの確立で枠の中に飛ばすマリッチ。

スーパーなストライカーはもういないが、
組織の中でこそ輝きを見せるストライカーを得た私たち。
熱い熱い魂を持ったストライカーを得た私たち。

ガンバとの差は再び詰まった。

収穫の秋。
様々なトラブルに見舞われた今シーズン。
もがき苦しみながらも、
浦和は新たな光をその手に掴もうとしている。

なんだかワクワクすることばかりじゃないか!


posted by キョー at 15:24 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

君が、嘘を、ついた

土屋に激励メール殺到
川淵キャプテン「悪質なファールではなかった」

待て待て待て待て、おいちょっと待て。

例のファールのあと悩んでいるらしいレイソル土屋。
その土屋に激励のメールが殺到しているらしくて、
ああ、いい話であるなぁ
と、すっかり高くなった空を見上げ、
めっきり冷たくなった秋風が
そんな私の頬を伝う涙をどこか遠くへ運んでいった。

ひゅるるるるー、ひゅるるるるー。

否。

その時私は初めて気付いたのである。
この風は、そんな優しい風などでは断じてない。
この風は、そんな私の感傷、
センチメンタリズムを嘲笑っているのだ、と。

以上、三文小説。
なんだかこの記事を読むと、
あのファールは、双方にとって「とても不幸な出来事」「悲しむべき出来事」だったと思ってしまうが、
こうやって美談、切ない物語に仕立てあげて
全てを回収しようとするのには断じて反対だ。

私は、ネットに溢れる土屋への誹謗中傷を非難したが、
あのファールが不可抗力であったとは
到底思えないし、
明らかに足を狙いにいった、極めて悪質なプレーだったという認識を持っている。

土屋が現在、「心の病」であるのならば、
悩むだけ悩んでろ、という気持ちも、正直な所半分くらいはある。
それだけのプレーを
彼はしてしまったのだ。

私があの時点で、土屋への誹謗中傷を非難したのは、
「シネ」だの「土屋の足を折れ!」だのといった
感情だけが先走った、
完全に理性を失った言葉の氾濫に
呆れてしまったからだ。
これらの言葉が浦和にとって、
あるいは達也にとってプラスになるとは、
とても思えなかったからだ。

別に土屋のファールを不問に付したわけではない。

何度も言うが、
あれは、試合展開、時間帯、なによりプレーそのものを見ても

「極めて悪質なファールだった」

と言わざるをえない。

それを川淵キャプテンは…。

土屋に激励メールを送った人たちを非難する気持ちは毛頭ない。
私の中にも「早く立ち直れや」という気持が
半分くらいはある。

しかし、激励するつもりはない。
というか、
どう激励したらいいかわからない。

どんな言葉で激励しても、
今は嘘になってしまうだろう。



posted by キョー at 22:22 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

Cum on Feel the Noize

達也の怪我の場面について、
某掲示板は完全にヒートアップしている模様。

一度火が付くとバーッといっちゃうのが日本人ということか。
まぁ、ネットの特性でもあるんだけど。

気持ちはわからんでもない。

私も昨日はちょっとチクッとやらせてもらったし。

しかし、ネットに書き込む前にちょっと頭を冷やして下さい。
シネだの、なんだのと

そんな事にエネルギーをつぎ込むくらいならば。

私たちにはもっと大切な事があるんじゃないのか?

達也がいようがいまいが、

フットボールは続くのだ。

目の前に伸びる道は、

茨の道だ。

茨の道を突き進むために
私たちがしなければならないこと。

達也、俺たちの戦いを見ていてくれよ。

追記
posted by キョー at 09:25 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

I'm Waiting for the Man

浦和7-0柏

相手に退場者が二人出ようとも。

いやぁ、久しぶりのフィエスタでした。
ナビスコに引き続き、
気持ちが前面に出ていた浦和。
今回は、その気持ちが見事結果として結実しました。

特に言及しておきたいのが、永井とマリッチ。

右サイドを何度も切り裂いた永井。
多くのチャンスが右の永井のドリブル、キックから生まれました。
久しぶりの華麗なダンス。
改めて、そのスケールのデカさを見せつけてくれた永井。
やっぱり右サイドで勝負してほしいなぁ。

そして、ハットトリックのマリッチ。
おめでとう。
俺は、これからもあなたと一緒に戦いたい。

長谷部の動きも素晴らしかった。
課題だった、ポンテを追い越してペナルティエリアに切れ込む場面や、
ミドルシュートの意識が目立ちましたね。
とても頼もしかった。

酒井もなかなか出場機会がない中、
意地を見せつけた。
あれが初めての左サイドだなんて。
今日の酒井は間違いなくイケメンだった!

横山、ナイスゴール!

赤星、来シーズンはレギュラーを奪ってやれ!

セル、もう少しだ!

このままだと全員書いてしまいそうなので…。

最後にこの人。

おい、柏のスキンヘッド!

(本当はハゲと言いたいところだが、
俺はジェントルマンなのでハゲとは言わない)


あの場面で、止むに止まれずあのような酷いタックルを敢行しなければならなかった理由を是非教えてくれ!
おで、ばかだからよくわかんないんだぉ。

達也!俺たちは待ってるぞ!



posted by キョー at 23:39 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

Boys Don't Cry

ナビスコカップ準決勝2nd Leg ジェフ2ー2浦和

あれが精一杯だっただろう。 
ギドが言うように浦和の方が素晴らしいサッカーをしていたとは思えないが。
それでも選手たちは精一杯やったと思う。
ジェフの素晴らしいサッカーに必死に喰らいついていた。
その目は最後まで死んでいなかった。

気持ちは十分伝わった。

特に、試合途中に、その熱い魂をぶつける術を奪われた、
背番号4。

何度も、何度も決定的なピンチを身体を投げ出して防いだ、
背番号23。

彼らの見せてくれたプライドがあるから、
俺には下を向く理由はない。

強いレッズしか知らない人たち。
どうですか?応援しているクラブが敗れる姿を見せつけられるのは。

でも、これからが応援する者のみが味わえる醍醐味です。
昨日みたいに辛い事もあるでしょう。
でも、それでもフットボールは続くのです。
歯をくいしばって、悔しさを胸に秘めて支えていきましょう。
今、選手たちが必要としているのは、
誰それは要らない、という声ではなく、
死にもの狂いで踏み出すその一歩を
後押しする声なのです。

最後に一言。

審判団。
またアルパイの時の過ちを繰り返すのか。
あなたたちの試合前の不当な警告で、
あの誇り高い男がどれだけ傷つけられ、
そして浦和をあとにしたか…。

もうあんな想いは、
二度としたくないんだ。




posted by キョー at 21:03 | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

PRIDE OF URAWA

この前のセレッソ大阪戦。
絶対に負けられない試合だった。
負けてはいけない試合だった。

しかし、結果は1−3の完敗。
いや、惨敗と言ってもいいような試合内容。

難しいことなんてない。
ただ単に、
「浦和はセレッソより弱い」
ただそれだけ。

痛い現実。


浦和は弱い。

弱い?
それがどうした。ふざけんなよ。
やってやろうじゃないか。
今こそ、浦和のフットボールを見せる時だろ。
弱いからと下を向いているのが浦和のフットボールじゃないだろ。
やろうぜ、みんな。
死に物狂いで踏み出すその一歩を
俺たちの声で、気持ちで後押ししよう。

そして、11月にまたあの場所で。


posted by キョー at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。